食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

ビタミンK

止血したり、じようぶな骨づくりに関与したりしています

。 ビタミンKは、血液凝固作用に補酵素として働き、ケガや内出血を起こしたときに出血を止める大切な働きがあるため、「止血ビタミン」とも呼ばれています。 また、じようぶな骨づくりに必要なたんぱく質を活性化させます。 ビタミンKにはKと私がありますが、鮎は腸内細菌によって体内でも合成されます。腸内細菌が少ない新生児には、欠乏症予防のため専門家は私のシロップを飲ませます。

食品成分の特徴

発酵食品や植物に多い

微生物によって合成されるので登酵食品の納豆に特に多く含まれます。葉緑素でも合成されることから、 緑黄色野菜や海藻にも豊富に含まれています。

K1 K2の2タイプ

ビタミンKには、緑黄色野菜に含まれるビタミンK,と、納豆などの発酵食品に含まれるビタミンK2とが あります。K2は腸内細菌によって体内でも合成されます。

消化吸収

油と一緒だと吸収率アップ

脂溶性ビタミンなので、欠乏しがちな人は油と一緒にとる食べ方にすると、吸収率がアップします。

熱にも強いビタミン

熱にも比較的安定しているので、油を使う炒め物などがおすすめの食べ方です。

体内のおける働き

働き

血液を固める酵素の成分になり、けがなどの際に止血する、大切な働きがあります。また、カルシウムが骨に沈着するときに必要なオステカカルシンというたんぱく質を活性化させる働きもあり、骨形成に働きます。 止血作用 骨格形成 骨粗しよう症予防 傷やけがを治す止血ビタミン

欠乏症

ビタミンKが欠乏すると、血液凝固に時間がかかります。腸内細菌によって体内合成されるので不足することはまれですが、肝疾 患で胆汁の分泌が悪い人、抗生物質を長期間服用して腸内細菌が減っている人、新生児などは欠乏しやすくなります。なお過剰症は報告されていません。

多く含む食品
100g中 mg
カットわかめ 1600
モロヘイヤ   640
納豆     600
あしたば    500
バジル     440
焼きのり    390
つるむらさき  350
干しひじき   320
トウミョウ    320


その他 栄養素 一覧