食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

その他の注目の栄養成分

現在は栄養成分の研究が盛んで、新たな発見も相次いでいます。ここでは注目の成分を紹介します。

アリシン
にんにくに含まれる成分からできる含流化合物の一種。強い殺菌力があり、疲労回復にも有効です。がんや動脈硬化の予防効果が期待されています。
【多く含む食品】
にんにく、ねぎ、にら、玉ねぎなど

イソフラボン
ポリフェノールの一種。女性ホルモンと似た働きがあり、骨粗しょう症やコレステロールの上昇を防ぐ働きがあります。サプリメントなどからのとりすぎは要注意です。
【多く含む食品】
大豆、大豆製品

アントシアニン
青紫や紅色の色素成分でポリフェノールの一種。抗酸化作用があり、目の働きを助けます。肝機能の向上や血圧の上昇抑制効果も認められています。
【多く含む食品】
ブルーベリー、赤しそ、ぶどうなど

核酸
各細胞に含まれ、遺伝情報を伝える働きがある重要な成分です。新陳代謝を活発にし、老化やそれに伴うさまざまなダメージを防いだり修復したりする働きがあります。
【多く含む食品】
サケ、タラ、白子など

カプサイシン
とうがらしに含まれる辛味成分で、エネルギー代謝を促進し、肥満の解消や予防に効果 があるといわれています。殺菌作用や健胃 作用もあります。
【多く含む食品】
とうがらし

ギムネマ酸
糖の吸収を阻害するため、エネルギーのとりすぎを抑えて、肥満予防・解消に働きます。また、血糖値の上昇も抑制されるため、糖尿病予防に適しています。
【多く含む食品】
ギムネマ茶

キシリトール
糖アルコールの一種で、低エネルギー甘味料として使われます。虫歯菌が利用できないため、虫歯予防にも効果があります。
【多く含む食品】
ガムやあめ、チョコレートなどの菓子類賃

クエン酸
有機酸の一種。糖質をエネルギーに変えるときに必要で、疲労回復や体調維持効果があります。カルシウムなどの吸収率を高 める「キレート効果」も。
【多く含む食品】
 果物、酢

ギャバ(GABA)
アミノ酸の1種(γ−アミノ酸)で、血糖値の上昇を抑える効果が期待されています。血 圧や血中脂質を低下 させる働きもあり、生活習慣病予防に有効。
【多く含む食品】
 玄米、発芽玄米、トマト

コラーゲン
たんぱく質の一種で、細胞同士を結合します。血管をじょうぶにするほか、免疫機能を強化したり、肌に張りや潤いをもたせたりします。
【多く含む食品】
鶏手羽、魚のアラ、午スジ、豚足など

 

水は栄養成分?

さまざまな栄養素と同様、水もまた生命維持には欠かせない重要な成分です。栄養素は水がなければ吸収も消化もできないため、最も重要なものともいえます。 ヒトの体の70%は水からできていて、つねに一定量に保たれるよう調整されています。成人の場合は1日に約2.5Lの水分を補給する必要があります。体重の1%の 水分が失われるとのどが渇き、10%引こなると脱水症状を起こし、20%になると生命が維持できなくなるといわれています。  

ビタミン様作用物質って何?

ビタミンと同様、体内に微量に存在する有機化合物で、体の機能を維持するさまざまな働きがあります。ビタミンと違うのは、体内でも合成できたり、欠乏症が知られていなかったりするという点です。現在の日本人の食生活では、ビタミンが潜在的に不足していると見られています。たとえ欠乏症が認められていなくても、こうした生理活性成分(機能性成分)をしっかりとると、健康維持に役立つと考えられて、注目を集めるようになりました。 代表的な成分には、細胞膜の成分になるイノシトール、抗酸化作用のあるコ工ンザイムQやリポ酸、ビタミンCの働きを助けるピタ三ンP(フラボノイド)などがあります。  

主なビタミン様作用物質

●イノシトール
●コ工ンザイムQユビキノ二ノ)
●コリン
●パラアミノ安息香酸
●ビタミンP (フラボノイド)
●リポ酸
●オロット駿
● パンカミン酸

その他の注目の栄養成分

コンドロイチン硫酸
食物繊維の一種で、ムコ多糖類でもあります。結合組織をつくって組織に潤いや 弾力性をもたせます。年齢とともに少なくなる成分です。  
【多く含む食品】
 納豆、やまのいも、オクラ、フカヒレなど

ヒアルロン酸
コンドロイチン硫酸などと同様、ムコ多糖類の一種。皮膚や関節、硝子体などに存在し、強い保水力があります。美容液などの化粧品にも利用されています。
【多く含む食品】
サプリメント

レシチン
紙胞膜の構成成分になるリン脂質の一種です。血中のコレステロールを調整して動脈硬化を防ぐほか、神経伝達物質の合成にもかかわり、脳の働きを高めます。  
【多く含む食品】
卵黄、大豆、酵母

サポニン
植物に含まれる配糖体の一種で、水に溶けて泡立ちます。この泡が脂質を溶かすため、血中脂質を減らす効果があるとされています。抗酸化作用もあります。  
【多く含む食品】
大豆、大豆製品

ムチン
糖とたんぱく質が結合した成分で、粘り気があるため、胃粘膜を保護し、消化を促進します。肝機能や腎機能を高める働きもあります。
【多く含む食品】
やまのいも、里いも、オクラ、なめこなど

DHA
不飽和脂肪酸の一種で、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。がん予防や脳の機能を高めるなど、多くの働きが。  
【多く含む食品】
サンマ、マグロ、ハマチなどの毒背魚

ナットウキナーゼ
薬並みに血栓を溶かす作用があり、脳梗塞や心筋梗塞予 防に非常に強い効 果があります。納豆 菌の発酵によってで きるため、大豆には 含まれません。  
【多く含む食品】
 納豆

リコペン
カロテノイドの一種で、抗酸化作用があります。がん細胞の成長を抑制することが認められています。 また、紫外線の害から皮膚を守ります。  
【多く含む食品】
トマト、トマト製品、京にんじん、すいか

EPA
不飽和脂肪酸の一種で、血栓を溶かし、血中脂質を減らすため、動脈硬化予防に効果があります。アレルギーやがんを予防する働きも。
【多く含む食品】
サンマ、イワシ、サケなどの青背魚


その他 栄養素 一覧