食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

塩素

胃液の成分になるとともに、消化酵素を活性化させます

。 体内の塩素は主に胃液中の塩酸に存在しており、消化酵素のペプシンを活性化させてたんぱく質の消化を助けます。殺菌作用があり、胃腸内の環境の維持に働きます。

食品成分の特徴

食塩として摂取している

塩素は、ナトリウムと結合した食塩(NaCl)の形で摂取しています。適度な塩分をとっていれば不足することはありません。

水道水にも含まれる

強い殺菌作用のある塩素は、水道水の殺菌にも使われています。そのため、 水道水には塩素がごく微量に含まれており、ここからも摂取しています。

消化吸収

高塩分の食品を避ける 食塩のとりすぎは、塩素のとりすぎに廼結します。高塩分にならないよう、適塩を心がけたいものです。

体内のおける働き

働き

胃液や腸液などに存在しており、消化を助けます。また、赤血球にも存在し、全身から二酸化炭素を回収するときに利用されます。

欠乏症

不足することはあまりありません。仮に不足すると胃液の酸度が下がり、消化不良などを起こします。とりすぎたとしても、尿で排泄されるため、過剰症になることはほとんどありません。

その他 栄養素 一覧