食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

葉酸

造血や細胞の新生に不可欠などタミンB群の一種です。

葉酸は、ビタミンBlとともに赤血球の生産に関わっています。新しい赤血球がつくられるときに不足すると悪性貧血を招くため、「造血のビタミン」ともいわれています。また、たんぱく質や細胞新生に必要な核酸(DNAやRNA)を合成するうえで重要です。欠乏すると細胞の分裂やDNAの形成が阻害され、胎児や乳幼児の発育に大きな影響を及ぼすため、妊娠、授乳中の女性には欠かせません。

食品成分の特徴

葉野菜に豊富

その名のとおり、緑の東野薬に多く含まれます。そのほか、レバーや肉、果物、豆、海藻類にも多く含まれています。

光に弱い

葉酸は日光に当たると破壊されます。野菜などは新鮮なものを食べるか、冷蔵庫や暗い場所に保存しましょう。

水に弱い

水溶性ビタミンなので、調理中に約95%が水に溶け出てしまいます。調理は、汁やスープと一緒に食べられる料理がおすすめです。

消化吸収

ビタミンB12と合わせて

赤血球の生成には、葉酸とともに逼血に働くビタミンBr。・の協力か不可二でです。

ビタミンCで活性型に

葉矧はビタミンCによって活性型に要摂され.初めて活躍できるので一緒にとりたいもの。

体内のおける働き

働き

ビタミンB12とともに造血に働きます。また、たんぱく質や細胞新生に必要な核酸(DNAやRNA)の合成に関わります。 赤血球の産生 細胞分裂を促す 発育促進 抗体の畜産 赤血球や細胞の新生に働く

欠乏症

普通の食事で不足することはまれですが、下痢などで欠乏すると皮膚炎や口角炎、貧血を起こします。また、葉酸不足でアミノ酸の一種の血中濃度上昇が続くと、動脈硬化のリスクが高まります。

とりすぎると

過剰症の心配はありませんが、多量摂取が続くと、亜鉛の吸収が阻害されることもあるので、サプリメントで補給する場合は、上限量を上まわらないように注意が必要です。

多く含む食品

100g中 mg
焼きのり  1900
鶏レバー 1300
午レバー 1000
ウニ 360
菜の花 340
枝豆 320
きな 粉  250
モロヘイヤ  250
芋キトベツ  240

その他 栄養素 一覧