食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

イオウ

アミノ酸の構成成分のひとつで皮膚や髪、腱をつくります。

たんぱく質に含まれる特異なミネラルです。皮膚や爪、髪などのたんぱく質に多く、皮膚用のクリームなどにも使われます。有害ミネラルの蓄積を防ぎ、胆汁の分泌を助けます。

食品成分の特徴

たんぱく質食品に広く含まれる

イオウは、たんぱく質をつくるアミノ酸の一種、シスチンに含まれています。肉や魚、卵、牛乳などに豊富で、大豆のたんぱく質にも含まれます。

含流化合物にも含まれる

玉ねぎやにんにく、ねぎなどに含まれる合流化合物(イオウ化合物)にもイオウが含まれており、植物性の食品からも摂取することができます。

消化吸収

たんぱく質から摂取

主にたんぱく質から摂取しているので、動物性食品をまったくとらない菜食妥義孝は不定する可能性があウます。

体内のおける働き

働き

アミノ酸の構成成分として、体の組織になります。特に皮膚や爪、髪などを健康に保ち、ビタミンB−などの成分としても働きます。

欠乏症

普通の食事では不足しません。仮に不足すると、皮膚や爪のトラブル、成長不良、関節炎などに。

とりすぎると

食品でとる限り、過剰症は起こしません。

その他 栄養素 一覧