食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

クロム

インスリンの働きを助けて糖の代謝をサポートします。

食品成分の特徴

育った土地の質で量が決まる

海藻や魚介類、肉類などに多く、種実やスパイス、大豆、米ぬかなどにも含まれます。植物などは育った土壌にクロムが多いかどうかで含有量が左右されます。

消化吸収

六価クロムは害を及ぼす

体内で有効利用されるのは三価クロム。工業的につくられる穴価ク臼ムは毒性があ私中毒症を起こす危験な成分です。

体内のおける働き

働き

糖質代謝に働くインスリンを助け、糖尿病を予防します。 脂質の代謝にかかわり、血中脂質の増加を防ぐと考えられています。

欠乏症

インスリンの効きが悪くなって糖尿病に。疲れやすくなったり、体重が減少したりします。

とりすぎると

食品からの摂取で過剰症にはなりません。六価クロムでは、がんや尿毒症になることがあります。

多く含む食品

ひじき、こんぶ、青のりなどの海藻,けしノの実や松の実などの種実, ホタテ、アサリなどの貝類, カツオ、シシャモ、イワシなどの魚

その他 栄養素 一覧