食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

マグネシウム

300種類以上もの酵素の反応をサポートします

。 カルシウムなどとともに骨格を形成し、体内の約60%が骨に存在します。残りは体中に存在し、各種の酵素反応を促して、エネルギーをつくり出すなどの働きがあります。 カルシウムとかかわりが深く、ともに働くこともあれば、逆の働きをすることもあります。カルシウムを多くとるとマグネシウムも必要量が増えるため、カルシウムとマグネシウムの比率が2‥1になるようにとるのが理想的です。

食品成分の特徴

種実や穀類に豊富に含まれる

種実、穀類、大豆、魚介などに多く含まれます。日本人は穀類から最も多く摂取しています。玄米などのように、精製されていないもののほうが豊富に含まれます。

お茶なら抹茶を

コーヒー豆や茶葉にも豊富ですが、浸出液であるコーヒーや緑茶にはほとんど溶け出ません。そのため、丸ごと摂取するインスタントコーヒーや抹茶などのほうが効率よく摂取できます。

消化吸収

日本型の食事に豊富

野菜や魚介に多く、加工度の高い食品や肉類に少ないため、和食のほうがとりやすいでしょう。

吸収を阻害する

カルシウムやリンはマグネシウムの畷収を阻害したり、排泄を促したりする成分です。

体内のおける働き

働き

骨格の成分となるほか、エネルギーの産生をはじめとした各種の酵素反応にかかわります。筋肉の働きをコントロールし、神経の興奮を鎮めます。 筋肉を収縮、神経を鎮静、酸素反応を促進、循環器病気の予防 酵素の活性化を促し、体の機能を守る

欠乏症

利尿剤を使い続けたり、利尿作用の強いアルコール飲料やコーヒーなどを大量に飲んだり、カルシウムを大量にとったりするとイ足することがあります。神経の異常や心臓の血管に障害が起こります。

とりすぎると

大量に摂取しても、尿で排泄されるので、過剰症になることはほとんどありません。サプリメントなどで大量にとった場合、筋力や血圧の低下、下痢、吐き気などを起こすことがあります。

多く含む食品
100g中 mg
乾燥わかめ 1100
刻みこんぶ   720
干しひじき  620
ココアパウダー 440
インスタントコーヒー410
ごま       360
アーモンド    310
素干し桜エビ  310
油揚げ    130

その他 栄養素 一覧