食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

マンガン

骨の成長に必要で、抗酸化作用のある酵素の成分に。

食品成分の特徴

植物性の食品に含まれる

土壌に含まれているマンガンを吸収した植物を食べることで補給しています。そのため、その食品の育った土地がどれだけマンガンを含んでいるかによって、食品中の含有量が変化します。

消化吸収

鉄と関連がある。

貧血になるとマンガンの吸収率が高まることがわかっています。鉄の吸収と関連があると推察されています。

体内のおける働き

働き

骨の形成を促す酵素やたんぱく質や脂質の代謝にかかわる酵素の成分になります。抗酸化作用のある酵素の成分としても注目されています。

欠乏症

軟骨などの合成ができず、骨が弱ります。子どもの場合は発育不良を起こします。

とりすぎるか

とりすぎても排泄されるので過剰症は起こしません。大量摂取すると神経に障害が出る中毒症に。

多く含む食品

100g中 mg
乾燥きくらげ 6.18
しょうが 5.01
玉露茶(浸出ノ夜)4.60
凍り豆腐 4.50
全粒粉  4.02
焼きのり  3.72
くるみ  3.44
栗    3.27

その他 栄養素 一覧