食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

ミネラルの種類と働き

体の機能を調節したり維持したりするのに欠かせない微量栄養素で、単一の元素からなる成分の総称です。適量の幅が狭いため、摂取に注意が必要な成分もあります。

欠乏症がある必須ミネラル16種類

栄養学でいうミネラルとは、炭素、水素、酸素、窒素の主要元素以外のものを指します。体内では合成できないため、ミネラルは食品からとらなければなりません。現在、欠乏症が認められている必須ミネラルは下表の16種類です。  ミネラルには、骨や歯など体の構成成分になる、体液のバランスを調節する、酵素の成分になる、神経や筋肉の働きを調整するなどの働きがあります。  日本人の場合は、カルシウムや亜鉛の不足、ナトリウムやリンの過剰という傾向があります。ミネラルのバランスがよくないと、生活習慣病を引き起こす原因にもなるので、過不足なくとる必要があります。

必須ミネラルの特徴と働き

ナトリウム(Na)
カリウムとバランスをとって体液の量を調節します。筋肉の興奮を抑えます。
カリウム(K)
ナトリウムとバランスをとって体液の量を調節。心臓の機能を調整します。
カルシウム(Ca)
骨や歯の主成分となり、神経の興奮を鎮めます。日本人は不足がちです。
マグネシウム(Mg)
骨や歯などを形成し、神経を鎮めます。多くの酵素の働きを活性化します。
りん(P)
カルシウムとともに骨や歯を形成します。リン脂質や核酸などの成分に。
鉄(Fe)
赤血球のヘモグロビンの成分で、酸素を全身の細胞に運ぶ働きがあります。
塩素(Cl)
胃酸の成分として消化に大きくかかわります。殺菌作用があります。
イオウ(S)
髪や爪、皮膚に多く存在し、解毒作用や酵素の活性作用もあります。
亜鉛(Zn)
遺伝子やたんぱく質の合成にかかわって、細胞の新生を促し酵素の材料に。
銅(Cu)
赤血球のヘモグロビンを合成するときに鉄の利用を促します。
セレン(Se)
抗酸化作用やがん予防が認められており、現在注目されている成分です。
ヨウ素(I)
甲状腺ホルモンの材科になって発育を促し、基礎代謝を活発にします。
クロム(Cr)
糖質や脂質の代謝にかかわる成分です。インスリンを活性化します。
マンガン(Mn)
骨の形成を促し、酵素の働きを助けて糖質や脂質の代謝にかかわります。
モリブデン(Mo)
尿酸をつくる酵素の働きを助けます。成長を促す働きもあります。
コバルト(Co)
赤血球の色素生成にかかわるため、造血に不可欠な成分です。


その他 栄養素 一覧