食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

パントテン酸

糖質・脂質・たんぱく質の代謝にかかわる補酵素です。

ひな鳥の皮膚炎の原因究明から発見された栄養素です。パントテン酸の語源はギリシア語の 「いたるところにある酸」を意味し、その名のとおり、さまざまな食品に含まれます。ビタミンB群のひとつで、別名は「ビタミンR」。多くの代謝にかかわる補酵素の成分になります。HDLコレステロールを増やしたり、ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンや免疫抗体、神経細胞の合成を促したりする働きもあります。

食品成分の特徴

レバー類や魚介、大豆、きのこなどに

動植物を問わず、広くいろいろな食品に含まれます。特に多いのがレバーやタラコ、イクラ、きのこ、大豆などです。卵や牛乳などにも比較的豊富に含まれます。

体内で合成

腸内細菌の働きによって、体内でも合成されます。ただし、薬などで抗生物質をとっていると腸内菌が働けず、合成されないため、不足する恐れがあります。

消化吸収

シンプルで調理で

加工したり調理したりするとおよそ50%が破壊されます。

カフェインに弱い

カフェインやアルコールで消耗しやすいため、お茶やお酒などをよく飲む人は積極的にとりましょう.

体内のおける働き

働き

コエンザイムAという補酵素の成分になり、脂質や糖質の代謝にかかわります。ホルモンや免疫抗体の合成を促すなどの働きも。 代謝の促進 抗ストレス 雑菌作用 多くの代謝をサポートする補酵素

欠乏症

不足することはあまりありませんが、お酒やコーヒーをよく飲む人は不足する傾向があります。手足のしびれなどの知覚異常や頭痛、疲労、食欲不振などの症例が報告されています。

とりすぎると

過剰症はありません。仮にとりすぎたとしても、排泄されるので心配ありません。

多くを含む食品
100g中 mg
鶏レバー  10.10
豚レバー 7.19
午レバー 6.4
タラコ 3.68
納豆 3.6
窯ささ身 3.06
ピーナッツ 2.56
イクラ 2.36
はたけしめじ 2.48

その他 栄養素 一覧