食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

リン

体を構成する重要な成分でエネルギー代謝にも関与します。

体内では約80%がカルシウムと結合して骨格を形成しています。残りのものは、たんぱく質や脂質などと結合して細胞膜や核酸の成分に使われて、すべての細胞に存在しています。エネルギーを発生させるATPという物質の成分でもあり、細胞内のエネルギー代謝にもかかわる重要なミネラルです。  リンが不足することはほとんどなく、加工食品などに使われるため、むしろとりすぎが問題です。

食品成分の特徴

乳製品はバランス良好

カルシウムとリンは同じくらい、もしくはリン1〜2:カルシウム1の比率で摂取するのがよいとされています。その点、牛乳は理想的なバランスで含まれているためおすすめです。

加工度の高い食品に多い

リンは食品添加物によく合まれているため、加工食品をとる人ほど摂取量が増えます。現代の食生活ではとりすぎる傾向があります。

消化吸収

カルシウムの拮抗

リンはカルシウムとバランスをとっており、摂取量が多すぎるとカルシウムの吸収を隕害します。

ビタミンDと一緒に

ビタミンDが不足すると利用されにくくなるため、ビタミンDを含む食品を積極的に摂取したいもの。

体内のおける働き

働き

カルシウムと結合して骨や歯の成分になります。細胞膜や核酸の材料としても使われ、細胞の分化や成長に必須です。エネルギー産生にも不可欠です。 骨格を形成、細胞成長・分化、糖質の代替促進、神経や筋肉の機能保全 骨や細胞に不可欠の成分

欠乏症

不足することはほとんどありませんが、ビタミンD不足や副甲状腺の異常などからリン不足になることがあります。エネルギー代謝がうまくいかず、エネルギー不足になって筋力の低下などを起こします。

とりすぎると

カルシウムの吸収を阻害したり、骨からカルシウムを溶解 させたりするため、骨を弱くします。また、腎機能が低下したり、甲状腺や副甲状腺の働きに影響を及ぼしたりします。

多くの食品
100g中 mg
煮干し    1500
素干し桜エビ 1200
スルメ   1100
凍り豆腐    880
シラス干し   850
パルメザンチース 850
カツオ酢    790
焼きのり    700
ココアパウダー 660

その他 栄養素 一覧