食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

アガリクス

(アガリクスはこんな人におすすめ)
●血中コレステロール値が高めの人●健康を増進したい人●がんの人

1965年にブラジルで日本人が初めて栽培に成功したキノコで、学名は「アガリクス・ブラゼイ」。ヒメマツタケ、カワリバラタケとも呼ばれます。現在は口本でも栽培が行われており、まだ高価ですが入手しやすくなりました。 もともとブラジルのピエターデ地方特産のキノコですが、この地方に生活習慣病の患者が少ないことからアメリカの研究者による調査が行われ、多様な有効成分が含まれていることがわかりました。その後、レーガン元大統領の皮膚がん手術後の治療にも使われて注目されます。

成分と効能

アガリクスの成分はタンパク質が約40%と、タンパク質の非常に多いキノコです。ほかにビタミン臥・D、マグネシウム、カリウム、リノール酸、リン脂質などが含まれています。また、キノコ特有の成分で抗腫瘍効果のあるβ−D・グルカンの含有量が多く、キノコのなかでも最多といわれます。抗がん効果もほかのキノコより高く、からだの免疫力を高めることで、生活習慣病をはじめ自律神経失調症、月経不順、更年期障害、泌尿器系の疾患、アレルギーなどに有効という報告がなされています。

利用法

生のままではキノコ自体の酵素によってくずれてしまって保存ができないため、乾燥品として市販されています。乾燥品は水に浸し、そのまま弱火で煮て煎じ汁を飲みます。顆粒、錠剤、カプセルタイプの健康食品もあります。キノコも料理に利用して全部を食べれば、成分がむだなく摂取できます。

注意

副作用は特に報告されていません。がん細胞の萎縮、消失などの臨床例が多数発表されていますが、体質など個人差があるので頼りすぎるのは危険です。

アガリクスの料理

乾燥したアガリクスは水に1〜2時間浸し、やわらかくもどしてから使う。もどし汁にも成分が抽出されているので、だし汁として利用する。 干しシイタケと同様に、ほかの野菜や肉類と合わせてスープにしたり、煮物、炒め物に加えるとよい。

●注目の成分●

β−D−グルカン=キノコに含まれる多糖類(食物繊維)で、免疫賦活ちゆ増強作用があり、自然治癒力を高める。また強力な抗腫瘍作用があることがわかっており、がんの治療にも役立つ成分として注目されている。
リノール酸…血中コレステロールを減少させ、動脈硬化を予防する。

その他 食品 栄養/食べ物 効能