食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

青汁

青汁は「おいしくはないけれど、からだにいい」と考える人は多いようです。 青汁を初めてつくったのは岡山県倉敷市の医師遠藤二郎氏で、戦後の金程事情の悪かった時代に、学校給食や病院食のために考案されたといわれます。血庄や血糖値が下がった、病気がちだったのが丈夫になったという青汁体験者が多くなり、次第に各地に広まったもののようです。

●現代人は野菜不足

青汁は葉緑素(クロロフィル)、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含む食品です。現代人は忙しくて食事を抜いたり、外食やインスタント食品が多かったりという人が多いので、野菜不足になりがち。1日の野菜(果物を含む)の摂取量の目安は、キャベツや大根、キュウリなどの淡色野菜が200g、青菜、ニンジンなどの緑黄色野菜が100gですが、こういった食生活で300gの野菜をとるのはなかなか大変です。 野菜不足の状態が続くと、野菜からの供給が期待されている栄養成分、つまりビタミン、ミネラル、食物繊維などが不足し、健康のバランスがくずれてきます。長期間にわたれば、血圧や血糖、コレステロール、中性脂肪 値が上昇したり、肝機能の低下、貧血などの症状がおき、糖尿病、動脈硬化、痛風その他の生活習慣病を招きます。

●青汁の効能

青汁は、野菜をミキサーやジューサーにかけてつくる食品です。飲む食品ですから飲み物ともいえますが、その成分の充実度から、「飲む野菜」といってよいでしょう。 野菜料理は調理に手間がかかり、食べるのもなかなか大変ですが、青汁なら短時間で飲むことができます。 青汁の材料となるのは文字どおり緑の色の濃い野菜で、葉緑素やビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。特に注目されるのは、葉緑素、ビタミンA(βlカロテン)、ビタミンC、カリウムなど。不規則な生活になりがちな現代人に不足している微量栄養素を補ってくれ、免疫機能を高めてからだのバランスがくずれるのを防ぎます。また、すでにバランスをくずしてしまった人が健康を取り戻すのにも効果があります。

●青汁の代表的素材、ケール

ケールという野菜を青果店やスーパーの店頭で見かけることはほとんどありませんが、地中海地方原産のアブラナ科の野菜で、キャベツの原種だといわれています。 結球せず、茎が立っていて、円形や長円形の葉をつけます。葉はやわらかくて縮れており、強い香りがあります。 品種はキッチンケール、マローケール、ブッシュケール、ツリーケール、ポルトガルケールなどで、葉を食用にします。 若葉をゆでてバターや生クリームと合わせたり、サラダ、妙め物などにしますが、日本では青汁のために栽培されるのが普通です。耐寒性にすぐれており、栽培は家庭菜園でも容易です。

●ケールの成分と効用

ケールはビタミン、ミネラルが豊富で、葉緑素や食物繊維も多く含んでいます。 ビタミンでは特にA(β−カロテン)とCが豊富です。 β-カロテンは動脈硬化や活性酸素によるがんの発生を防ぎ、視力の向上、呼吸器や消化器の粘膜の強化などの効果があります。Cはからだの防御機能の強化、ウイルスに対する抵抗力の強化、かぜの予防、ストレス対策など。また、肝臓の機能を高め、解毒を促進します。 注目すべきはビタミンUで、胃酸の分泌を抑え、胃の粘膜の新陳代謝を強かいよう化し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治りやすくするはたらきがあります。キャベツから見つかった物質であることからキャベジンの別名をもち、胃腸薬にも使われています。 また、青汁にたっぷりと含まれる葉緑素には、増血、血栓予防、血圧降F、コレステロール低下、整腸、解毒、免疫力強化など多くの作用が認められています。

●自家製青汁はこんな野菜で

ベースにするのは、緑色の濃い緑黄色野菜が向いていみぷます。小松菜、パセリ、クレソン、キャベツ、壬生菜、こガウリ、セロリなど、生で食べられる野菜、あくの強くない野菜ならたいてい青汁の材料になります。 つくり方は、水を少量加えてミキサーにかけるか、ジューサーを利用します。ニンジンやリンゴ、パイナップルを入れると甘味が出ますし、レモンで酸味を加えたりハチミツで甘味をつけると飲みやすくなります。

●市販の青汁健康食品

原材料としては、ケール、あるいは大麦若葉を用いたものが最も多くつくられています。製品によっては、ほかの野菜や果物が数種類配合されているものもあります。 形態としては、生の青汁を冷凍したものと、乾燥させて粉末や顆粒状にしたものが代表的です。こういった製品には、家庭のジューサーやミキサーではできない細胞壁破壊や、有効成分を保つための瞬間密封などの処理が施されているものもあります。冷凍品は、宅配システムで販売されることが多いようです。乾燥日用はそのまま服用するか、水に溶かして飲みます。

ケールの成分(100g中)
タンパク質・…‥…3.9g
脂質………………0.6g
糖質…‥・7.2g
リン…‥・・67mg
カルシウム………225mg
ビタミンA効力…3.300IU
ビタミンB1…・・・0.15mg
ビタミンB2・・・…O.325mg
ビタミンC‥・・‥125.5mg

その他 食品 栄養/食べ物 効能