食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

紅花油

(紅花油はこんな人におすすめ)
●コレステロール値が高めの人 ●動脈硬化・心臓病が気になる人 ●血圧が高めの人

昔は化粧日印として使われ、現在でも衣類の染料としての用途もある紅花の種子を圧搾してとった油。英語名のサフラワーオイルで呼ばれることもあります。紅花は国内でも山形県などで栽培されていますが、油の阪科となるのはアメリカ、オーストラリアなどからの輸入品です。 紅花油には2タイプがあり、含まれる脂肪酸の種類が違います。以前からおなじみのリノール酸の多いタイプ(リノール酸含有量が植物油中トップ)に加えて、最近はオレイン酸が中心の紅花油も出回っており、それぞれの脂肪酸を70%以上含んでいます。

成分と効能

リノール酸もオレイン酸も、コレステロールを低下させて高血圧や動脈硬化の予防に効果のある不飽和脂肪酸です。バク丁やラード、ヘットなどの動物性の油脂を紅花油にかえること で、これらの症状が改善される例も多くみられます。また、ビタミンEは細胞の活性化、増血などに効果があります。  精製されたものより末精製のものを選ぶようにします。

利用法

和、洋、中華などあらゆる料理に使えますが、リノール酸タイプは熱によって酸化されやすいので、サラダ、マリネなど生食向きです。熱に強いオレイン酸タイプは揚げ物や妙め物など加熱料理にも、サラダドレッシングなど生食用にも向いています。

注意

とりすぎは体調をくずす  油脂は高エネルギーなので、とりすぎは肥満につながります。また、リノール酸の過剰摂取は免疫力を弱め、アトピーや花粉症などのアレルギー症状、老化、心臓病、がんなどを促進するという報告もあります。

ピュアオイルと調合オイルどちらが健康にいい?

食品としての油脂はJAS規椙で呼び名が定められており、原材料の名称をそのままつけられるのは、その原料を100%使用したもののみ。60%以上使用しているが100%ではないものは、「調合○○油」となる。 調合油も植物油どうしの混合だから悪いものとはいえないが、その油特有の風味や健康効果を期待する場合は、ピュアオイルを選ぶこと。 また、搾ったままの油にはほんの少量混じっている爽雑物のなかに健康によい成分がある場合もあるので、精製していない油を選ぶのが賢明。

●注目の成分●

リノール酸…血中のLDLコステロールを減少させることにより、垂脈硬化、心臓病、高血圧などを予防・改善する。
オレイン酸…血中のLDLコレステロールを減らすとともに、胃酸の分泌を調整して胃酸過多や胃潰瘍を防ぐ、腸を滑らかにして便秘を予防、解消するなどの効果がある。
ゼクミンE…活性酸素によって過酸化脂質の生成を防ぐ。過酸化脂虹質は皮膚だけでなく、脳、肝臓など全身の細胞を老化させる。

その他 食品 栄養/食べ物 効能