食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

大豆油

(大豆油はこんな人におすすめ)
●コレステロール値が高めの人 ●胃弱の人●便秘ぎみの人 ●生活習慣病が気になる人

大豆から抽出した油で、精製して用られます。自校油ともいい、調理用に広く使われてきました。サラダ油やてんぷら油に配合されたり、マーガリンやショートニングの原料にもなっています。

成分と効能

不飽和脂肪酸が多く、コレステロールの減少に効果が期待できます。また、動脈硬化や心臓病に効果のある大豆レシチンも含まれています。

利用法

食用油として、サラダから揚げ物まで幅広い調理に使えます。

注意

とりすぎは体調をくずす  動物性油脂に比べて健康的な油ですが、リノール酸をとりすぎると、花粉症、アトピー、ぜんそくなどのアレルギー症状が出たり、がんの誘因にもなることがあります。また、油脂は1g当たり9kCaと高エネルギーなので、エネルギーのとりすぎにも要注意です。

●注目の成分●

リノール酸…多価不飽和脂肪酸で、血中コレステロールを減少させ、動脈硬化、高血圧、心疾患などを予防する。
オレイン酸…単価不飽和脂肪酸で、血中コレステロールを減少させるとともに、胃腸の調子をととのえる。 大豆レシチン…大豆油や油の絞りかすから抽出される成分て脂質の代謝を活発にし、コレステロールが血管壁に沈着するのを防ぐ

その他 食品 栄養/食べ物 効能