食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

えび

腰の曲がった姿が長寿の象徴とされる
小型から大型まで種類が多く、わい方もさまざまです。生で食べられることが多い甘えび、えびの王様伊勢えび、一般によく利用される華えび、小さく素干しにもされる桜えびなどが代表的です。  最近は国産の天然ものは少なく、輸入品か養殖ものが多く出回っています。
冷凍されたものや解凍されたもののほか、生きているものも売られています。鮮度が低下しやすいので、頭の部分がぐらぐらするものや、しつぼや腹などが黒ずんでいるものは避けるようにしましょう。一度解凍したものは早めに使い切りましょう。
たんぱく質が多く、脂肪やコレステロールは少なめです。 殻ごと食べると、カルシウムもたっぷりとれます。とくに桜えびはカルシウム補給に適しています。えびの旨味のもとはグリシンというアミノ酸で、甘味を感じさせます。疲労回復、動脈硬化の予防、骨を丈夫にするといった作用が期待されます。

その他 食品 栄養/食べ物 効能