食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

エゾウコギ

(エゾウコギはこんな人におすすめ)
●疲れやすく、元気のない人●精力の衰えが気になる人●生活習慣病・がんを予防したい人

エゾウコギは高麗ニンジンと同じウコギ科に属していますが、厳寒の地に自生する植物です。根、茎の強壮・強精効果はロシアや中国では古くから知られ、民間薬として用いられてきました。ロシア名でエレウテロコック(命の根という意味)、中国名は刺五加。日本ではわずかに北海道でとれるだけです。  モスクワオリンピックで旧ソ連選手にこのエレウテロコックエキスが用いられたことから話題を呼び、集中力と耐久力に効果があるとして、日本でも各種の健康食品に利用されるようになりました。 エキスを抽出して濃縮し、顆粒、粒状、液状、またお茶などに加工されています。

成分と効能

生理活性成分として、エレウテロサイドA〜Gの7種類(トリテルペイド系配糖体)、イソフラキシジン、クマリン、ハイペリンなどが認められており、体内の代謝促進と強壮に効果を発揮します。性機能の回復と強化、精神の安定にも有効で、心身両面の活性化にはたらきます。  色素成分のフラボノイドには強い抗酸化力があり、がんを予防するほか、血液の循環をよくする作用があり、低温、低酸素において抵抗力のつくことが報告されています。寒暑、ストレス、病気などへの耐久力と抵抗力が期待されます。また、血圧を下げ、止常にコントロールする作用もあります。

利用法

1日の適量はエキスで約3gとされています。健康食品は表示に従ってとりますが、エゾウコギは医薬日間のような一時的な即効性で使うのではなく、長期にわたって摂取することで、体質改善や身体機能の活性化、気力の充実に効果を発揮します。
注目され始めたクマリン 先頃、アシタバの茎から出る黄色い汁 (色素成分はフラボノイド) にがんを抑える効果のあることが判明。この成分がエゾウコギにも含まれるクマリンとカルコン。ともに肺がんの発生を抑えることがわかっている。 五加皮という生薬は同種のウコギの根を乾燥させたもの五加皮酒という薬用酒でも知られるウコギ。中国では昌から強壮・強精効果で用いられており、エゾウコギはその仲間。 春先のウコギの若葉は炊き込みご飯にも利用される。

●注目の成分●

工レウテロサイドA・B・C・D・E・F・G、イソフラキシジン、ハイペリンなど…生理活性作用。代謝促進と弓剣士作用でさまざまな効用が認められている。
フラボノイド…ポリフェノールの一種で抗酸化作用がある。また、心臓の冠状動脈を拡張して血流をよくする。
その他 食品 栄養/食べ物 効能