食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

玄米胚芽油

(玄米胚芽油はこんな人におすすめ)
●更年期障害の症状のある人 ●ストレスの多い人●コレステロール値が高めの人

米の胚芽には栄養成分が凝縮されています。白米では得られないこれらの成分を油の形で抽出したもので、玄米そのものに比べて手軽に利用できます。

成分と効能

必須不飽和脂肪酸、ビタミンE・B1・B2などがバランスよく含まれ、生活習慣病の予防、神経の止骨化、老化防止などに効果が期待できます。また、γ-オリザノールという自律神経を正常に保つ成分も含まれています。

利用法

ソフトカプセル状、油状、ペースト状などの製品を健康食品として摂取します。「ビタミンE合有」と表示されている製品は特にEを多く含みます。

注意

とりすぎはエネルギー過剰に 健康食品といえども抽ですから、高エネルギーです。また、リノール酸をとりすぎるとアレルギー症状が出たり、からだの免疫力が低下することがあります。

●注目の成分●

不飽和脂肪酸…コレステロールを減少させ、動脈硬化や高血圧を防ぐ。
ビタミンE…過酸化脂質の生成を抑え、老化を防ぐ。
ビタミンB1・B2…脂質、糖質の代謝、過酉馴ヒ脂質の分解、細胞の再生、神経の機能の正常化などにはたらく。
γ−オリザノール‥自律神経の変調や生殖機能の衰えを改善し末梢神経や皮膚の血流をよくする

その他 食品 栄養/食べ物 効能