食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

ゴマ油

(ゴマ油はこんな人におすすめ)
●コレステロールが気になる人 ●胃弱の人●血圧が高めの人 ●がんが気になる人

ゴマは中国、インドなどアジア地域で古くから栽培されていました。種子(ゴマとして食用にされる部分) に油分を多く含むため、油の原料としても長い歴史をもっており、中国料理、韓国料理には欠かせない油となっています。 日本でも古くから使われていた油で、精進料理や江戸前のてんぷらなどに、特有の香りと風味が喜ばれてきました。

成分と効能

ゴマ油の脂肪酸組成は、リノール酸45%、オレイン酸39%など、不飽和脂肪酸が中心です。不飽和脂肪酸は、血管に付着して動脈硬化の原因になるLDLコレステロールを減少させ、高血圧や心臓病を防ぐのに役立ちます。  また、からだの細胞や組織の代謝に関与するレシチンを含んでいます。さらにゴマ油には、油の変質を防ぐセサミノールという抗酸化成分が豊富で、発がんを 抑えることで注目されています。

利用法

サラダ、酢の物などに生のまま使うのにもよく、炒め物や揚げ物など加熱調理にも向くので、食卓用、調理用の油として日常的に利用できます。  ビタミンA・D・Eなど脂溶性のビタミンは油とともにとることによって効果的にはたらきます。特にニンジンや青菜など緑黄色野菜に含まれるカロテンは、油によってビタミンAの効力を発揮するので、野菜料理に使えば、油と野菜の両方の栄養成分をより生かしてとることができます。

注意

とりすぎはエネルギー過剰に 油脂のエネルギーは1g当たり9kCalで、とりすぎると肥満を招くおそれがあります。また、リノール酸のとりすぎはがんを促進したりアレルギー、心臓病の原因になることがあります。

純正と太白はどう違う?

コマ油には、色が濃くて香りの強いタイプと、白く透明で香りのやわらかいタイプがあるが、これは製法の違いによるもの。 搾油には白コマと茶ゴマが用いられる。色の濃いゴマ油はコマを香ばしくいってから圧搾したもので、純正と表示され、搾ったのちは加熱されていない。 透明なゴマ油は、コマを生のまま搾ってから精製したもので、太白と表示されている。太白は生のままではゴマ油特有の香りがあまり感じられないが、加熱しててんぷらなどに使うと香ばしい香りが出てくる。 このほかに調合ゴマ油があるが、これは大豆油、菜種油などが混合されたもので、コマ油100%ではない。 セサミノールとは コマが「不老の妙薬」といわれるのも、抗酸化成分を含んでいるため。これには、セサミノールをはじめ、セサミン、セサモリン、セサモール、セサモリノール、ピノレジノールなどの種芙頁があり、総称してリグナン化合物と呼ばれるほかの植物油脂にはほとんど含まれず、コマに多く含まれているのが特徴。なかでもセサミノールの抗酸化作用の実証研究が多い。

●注目の成分●

リノール酸…コレステロール値を下げ、動脈硬化や高血圧を防ぐ。
オレイン醸…コレステロール値を下げる。胃腸の調子をととのえる。
レシチン‥・からだの組織や細胞の代謝に関与する。コレステロールが血管壁に沈着するのを防ぎ、動脈硬化を予防する。
セサミノール…強力な抗酸化物質。細胞の老化を抑え、体内で発がん性のある過酸化脂質がつくられるのを防ぐ。

その他 食品 栄養/食べ物 効能