食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

グレープフルーツ

はのかな苦味と酸味のバランスがよい
よく食べられる柑橘類ですがほとんどはかいがいから輸入されています。日本の気候には通さないので、国内ではほとんど栽培されていません。ぶどうのように、房状になるためこの名前がつけられました。  アメリカでは人気の高い果物です。ただ、アメリカ産のグレープフルーツは、収穫後に長期保存するため農薬が多く使われています。  皮の部分は食べない、洗ってから皮をむくなど取り扱いに注意したほうが安心です。果肉の色は鮮やかな赤、ピンク、淡い黄色などがあります。 持ってずっしり重いもの、皮に張りがあるものなどを選ぶようにしましょう。
クエン酸が多く含まれます。クエン酸は、体内でエネルギーが発生するときのクエン酸回路に必要な物質です。クミン駿を多くとっていると代謝がスムーズに行われ、疲労物質である乳酸がたまりにくくなるため、疲労回復によいと言われます。スポーツのときにレモンやオレンジなどの柑橘類をとるのは、クエン酸が多く含まれているためです。 果肉が赤いものには、リコピンを含むカロテノイドが多く含まれます。グレープフルーツに含まれるナリンギンという苦味成分は、満腹感を覚えるのを促進するという研究発表がされてから、ダイエットに適した果物として注目を集めました。  
さらに、グレープフルーツの皮に含まれるリモネンという香り成分に、交感神経を刺激して体脂肪の燃焼を促進する作用があるのではないかと考えられています。果実そのものを食べたり、グレープフルーツのアロマオイルを入浴剤や香料として利用するなど、グレープフルーツを使ったダイエットが、一時期人気がありました。 肌を健康に保つために必要などタミンCも豊富ですし、美容が気になる女性にはぴったりの果物と言っていいでしょう。

その他 食品 栄養/食べ物 効能