食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

ひじき

カルシウムとマグネシウムのバランスが理想的
北海道南部以南の太平洋や日本海の沿岸でとれます。国産のものは天然ですが、韓国や中国から輸入しているものはほとんどが養殖です。 収穫したばかりのものは、濃い緑がかった褐色となっています。  中心になっている茎の部分を長ひじき、葉を芽ひじきと呼びます。鹿のしっぼに似ているので、「鹿尾さい菜」とも呼ばれます。  
大豆や油揚げといっしょに煮て食べるのが一般的ですが、最近では、バン ハーグやミートローフに混ぜ込んだり、スープに入れたり、ごほんに炊き込んだりと、調理方法が工夫されていろいろな料理で使われています。
一般には乾燥させたものが流通しています。水で戻すときには、たっぷりの水につけましょう。 日本で生産されるものは、春に収穫したひじきを、一度素干ししてから、煮たり、蒸したりして渋味や色を出し、再び天日で乾燥させます。
海藻類のなかでも、カルシウムの含有量がトップクラスで、干しひじきは素干し昆布の約2倍となっています。ほかに、鉄やマグネシウムが多いほか、食物繊維は100g中に43・3gも含んでいます。  女性に多い骨粗しょう症や貧血、便秘に効果のある栄養素を多く含んでいるので、女性が積極的にとりたい食材としてよくあげられます。  とくに、カルシウムとマグネシウムは摂取量が関係し合っていて、理想的な摂取比率は、カルシウム2に対してマグネシウム1と言われます。
干しひじき1食分の目安量10gに含まれるカルシウムは140mg、マグネシウムは62mgなので、理想的なバランスと言っていいでしょう。さらに食物繊維も豊富ですから、健康のためには毎日でもとりたい食べ物です。  がんの予防、高血圧解消、肥満の改善、便秘の解消などのほか、冷え症、皮膚の荒れ、骨租しょう症、貧血、甲状腺機能低下などによいとされています。

その他 食品 栄養/食べ物 効能