食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

いか

低脂質、高たんばくで質のよいたんばく源となる
新鮮なものは刺身にするほか、いたり、煮たり、揚げたりします。味にクセがないので、ほかの材料との相性がよく、調理のバリエーションが豊かな食材です。  
いかを開いて内臓を取り除き、乾燥させたものがするめです。  あおりいか、するめいか、甲いか、ほたるいか、やりいかなど、種類が多く、R本では約30種類が食用となっているそうです。表面がみずみずしく、弾力のあるものが新鮮です。
低エネルギーで、高たんばく、低脂質とダイエットに向いていますが、コレステロールがやや多くなっています。ただし、タウリンというコレステロールの上昇を抑える物質も含まれるので、食べすぎなければそれほど気にする必要はないでしょう。全体的に、DHA、カリウム、亜鉛、カルシウムなどのミネラルが多く含まれています。ほたるいかは、ビタミンA、ビタミンBl、ビタミンEも多く含みます。

その他 食品 栄養/食べ物 効能