食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

小松菜

かつては関東が生産量第1位だった
江戸時代から東京の小松川近(現在の江戸川区)で盛んに つくられていたため、小松菜と呼ばれています。かつては東京が生産量第1位でした。 一年を通じて流通していますが、寒さに強く、霜に当たると甘味が増すため、旬は冬となっています。この頃は薬が肉厚で、アクが少なく、甘味は強くなります。
ほうれん草に比べるとシュウ酸が少ないので、調理前に下ゆでする必要が 走りません。
菜の線色が濃く、大きさがそろっていて、茎がしっかりしているものを選びましょう。根が長いものは、発育がよいしるLと言われています。 しめらせた新聞紙で包み、ポ袋に入れて、冷暗所もしくは 冷蔵庫で保存しましょう。ほうれん草より、鮮度は落ちやすいです。早めに食べ切るようにしましょう。
カロテンやビタミンCの量は、ほうれん草とほぼ同じで、緑色野菜の代表です。ともに抗酸化作用が強く、動脈硬化の予防やがんの予防によいと言われています。  また、カルシウムの含有量が100g中170帽と、野菜のなかではとび抜けて多くなっています。
カルシウムは、腸で吸収されにくいことで知られます。吸収率は牛乳がもっとも高いのですが、乳製品には脂肪も多いので、最近では小松菜など野菜でとることもすすめられています。  ほうれん草と同様、カロテンの含有量が高くなっています。ほうれん草に比べると、シュウ酸(とりすぎると尿路結石を起こしやすい)が少ないので、下ゆでの必要がありません。  
血圧を安定させるカリウムも野菜のなかでは多く、100g中に500mgも含まれています。ほかに、鉄も2・8mgと多くなっています。  高血圧が気になる人や、貧血ぎみの人に適した野菜です。

その他 食品 栄養/食べ物 効能