食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

黒酢

(黒酢はこんな人におすすめ)
●血圧が正常でない(高めか低めの)人 ●生活習慣病を予防したい人 ●アレルギーを改善したい人

黒酢は発酵・熟成期間が1〜3年と、通常より長い時間をかけてつくられた酢で、原材料は各種ありますが、日本では米や玄米を原料としたものが一般的です。特に鹿児島県のっぽ酢は日本の代表的な黒酢で、江戸時代からの伝統的な製法でつくられており、高い健康効果が認められています。
つぼ酢はアマンつぼと呼ばれる陶器のつぼに七分づきの米と米コウジ、天然水を入れて仕込み、半年ほどかけて発酵させ、半年間熟成させてつくります。その後、さらに1〜2年の熟成期間を経て製品化されるものもあります。中国の黒酢、イタリアのバルサミコ酢なども黒酢の仲間です。

成分と効能

酢は熟成期間をかけるほど色が濃くなり、うま味や香りを増すとともに、有機酸、水溶性ビタミン、ミネラ ル、アミノ酸などの有効成分もふえていきます。これらの成分のはたらきで、黒酢には疲労回復、食欲増進、カルシウムの補給、自律神経の安定、血圧降下、血糖値低下、コレステロール低F、肝機能の強化、肥満や便秘の解消などの効果があることが認められています。特につぼ酢には多様な健康効果があり、アトピー性皮膚炎などアレルギーの改善に役立つこともわかっています。

利用法

酢の物、サラダ、マリネ、すし、甘酢あんかけなど、酢を使う料理一般に利用できます。また、健康飲料として飲む方法もあり、健康食品として、カプセル状、粒状などの製品もあります。

注意

酢は一般に刺激が強いので、薄めずに飲んだりすると胃の粘膜を傷めることがあります。空腹時の飲用も避けるようにします。

黒酢の飲み方

黒酢小さじ2に同量のハチミツを加えて、コップに半分ほどの水で割ったものを1日に2〜3回飲むと、健康効果が期待できる。分量は好みに合わせて加減する。レモンを加えたりしてもよい。
ジュースや牛乳、紅茶などの飲み物に黒酢を加えて飲む方法もある。

●注目の成分●

有機酸(酢酸、クエン酸、乳酸、コハク酸など)‥代謝をスムーズにし、疲労回復、筋肉痛の改善、肝機能の改善などにはたらく。
必須アミノ酸・‥アミノ酸は黒酢のうま味のもと。必須アミノ酸は人体 では合成できないので、食品からとらなければならない。アミノ酸どうしがつながってペプチドを構成し、代謝をコントロールして、コレステロールや中性脂肪、血糖値などを調整したり、神経を安定させたりする。

その他 食品 栄養/食べ物 効能