食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

マコモ

(マコモはこんな人におすすめ)
●胃腸・肝臓の弱い人●血圧・血糖値が高めの人●野菜嫌いの人●がんが気になる人

マコモはイネ科の多年草で、古くから日本各地の池や沼、川岸などに群生し、食用にされていました。コモ、コモガヤ、カツミ、チマキグサなどの別名があり、古事記や万葉集にもその名がみられます。 マコモの草丈は1〜2mになり、実をつけますが、日本ではおもにこの実をかゆなどにして食べていたようです。アメリカ先住民にとっても、マコモの実は骨董な食糧でした。現在健康食品として加工されているのは若葉の部分ですが、マコモは根の部分も食用にされます。新芽にマコモ窯穂菌という菌が寄生すると、茎が軟化して肥大し、白く細いタケノコのようになりますが、これをマコモタケといって中国など東南アジアの国々では料理に使っています。

成分と効能

食物繊維を豊富に含んでいるほか、ビタミンB1・臨、カルシウム、 鉄などのミネラル、葉緑素(クロロフィル)を含んでいます。 これらの成分によって、消化器官の運動を促進して消化をよくする、腸内の大腸菌を減らして慢性疾患を予防する、血圧の上昇を抑制して脳障害を予防する、からだの免疫力や抵抗力を高める、性ホルモンのはたらきを活発にする、糖代謝を促進する、がんを予防するといった効果がみられることがわかっています。

利用法

健康食品として市販されているのは、マコモの若葉を粉末にしたものがベースになっています。ほかの成分と合わせたものもあるので、自分に合ったものを選びます。

注意

急性の毒性は認められていません。葉緑素が分解されてできるフエオホルバイドは皮膚に障害をおこすため、厚生省で含量を規制しています。

ワイルドライスはマコモの実

西洋料理のつけ合わせに使われるワイルドライス。黒っぼくて、タイ米よりも細長い形をしているが、これは北アメリカ産のマコモの実。穀粒を洗って乾かし、もみ殻を取ると、中から黒い実が出てくる。 ワイルドライスはコロンブスの新大陸発見の以前から、先住民たちの食糧となっていた。マコモの成育領域の所有を巡って、戦争になったこともあるという。日本の米に比べてタンバク質が多く、ビタミン、ミネラルに富んだマコモは、魅力的な食糧だったに違いない。

●注目の成分●

食物繊維・‥体内のナトリウムや有害物質を排泄させる、コレステロールや糖質の吸収を抑制する、腸内の善玉菌をふやす、便秘の改善などの効果がある。
クロロフィル・・脳障害、肝炎、腎炎、月琴炎の予防・改善に効果がある。抗がん作用がある。

その他 食品 栄養/食べ物 効能