食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

モロヘイヤ

王様の野菜と言われ、豊富な栄養素を含む
モロヘイヤとはアラビア語で「王様だけのもの」という意味で す。エジプトでは、モロヘイヤを食べて王様の病気が治ったという伝説があり、「王家の野菜」と呼ばれています。日本では1980年代から普及し始めました。比較的育てやすく、旬は夏で、全国的に栽培されています。  
味や香りにクセがなく、刻むと強いねぼりが出るのが特徴です。シュウ酸を多く含むので、下ゆでしてから使います。和え物やサラダに利  用したり、妙めたり、スープの具にし たり、刻んでパン生地に混ぜたり、ド レッシングに加える、ごはんや納豆に混ぜるなど、用途はさまざまです。
栄養価が高く、ジュースや麺に練り込むなど加工食品にも利用されます。  葉先まで張りのあるもの、葉の緑が濃いものが新鮮です。 囁 日持ちはあまりしないので、早めに食べ切るようにしましょ う。保存するときには、しめらせた新聞紙に包んで、冷蔵庫に入れます。
カロテンの含有量は100g中10000μgで、にんじん を上回っています。カロテンには強い抗酸化作用があり、動脈硬化やがんの予防、老化予防によいと言われます。
抗酸化作用の強いビタミンE、ビタミンCも多いため、がんの予防作用が 期待されています。ほかにも、骨をつくるときに必要なカルシウム、リン、マグネシウム、ビタミンK、マンガンのほか、免疫力を高めるビタミンC、たんぱく質の代謝を促すビタミン聖脂質の代謝を高めるビタミン乱やパントテン酸、便秘を改善したり、老廃物を体外に排出する食物繊維などを含みます。
野菜のなかでも、多種類のビタミン、ミネラルが豊富で、栄養素の宝庫と呼べるでしょう。  動物実験では、免疫力を高めるという結果が出ています。

その他 食品 栄養/食べ物 効能