食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

にんじん

抗酸化作用の強いカロテンを多く含む緑黄色野菜の代表
生だとクセのあるにおいがありますが、加熱すると甘味が出ます。色が濃いものほどカロテンの含有量が多くなっています。  カロテンは皮に近い部分に多く含まれるので、調理するときには、皮をできるだけ薄くむくとよいでしょう。 首の部分が黒ずんでいるものは、避けたほうがよいです。
夏場はポリ袋やラップで包み、冷蔵庫で保存します。りんごやじゃがいもを近くに置いていると、苦みが出やすいので注意しましょう。 詰 モロヘイヤにつぐカロテンの含有量です。
カロテンは体内で必要なぶんだけビタミンAにかわり、皮膚を丈夫にしたり、免疫力を高めたり、目を健康に保つのに働きます。抗酸化作用が強く、抗がん作用も期待されています。 ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、油との相性がいいです。野菜妙めのように泊を使った科理に使うと、吸収率が高くなります。

その他 食品 栄養/食べ物 効能