食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

パイナップル

甘い果汁たっぷりの南国フルーツ
豊かな香りと甘い果汁がたっで、世界中で愛されている果物です。  形が松かさ(パインコーン)、味がりんご(アップル)に似ているので、この名前がつけられたそうです。かつては輸入品ばかりで、缶づめがほとんどでした。明治頃から沖縄県で栽培され始め、最近では国内産も増えて、生の果実も一般に流通するようになっています。甘味は、上部よりも尻の部分に近くなるほど強くなります。
果物のほとんどに言えることですが、糖質、カリウム、ビタミンB、ビタミンC、クエン酸などを多く含んでいます。  ビタミンB1とクエン酸はどちらも疲労回復作用があるので、相乗効果が期待できます。ブロメリンというたんぱく質を分解する酵素を含んでいるので、肉をやわらかくします。そのため、酢豚などの料理に利用されています。

その他 食品 栄養/食べ物 効能