食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

レタス

芸の色が濃いものほどカロテンが多い
玉レタスは某がゆるやかに巻いていて、葉に張りがあるものがよいです。結球しない葉レタスは、菓先の色が濃く、薬がやわらかいものを選びましょう。どちらも、切り口が新鮮なものがよいです。  レタスには冷やすと固まるペクチンという物質が含まれ、洗ったあと冷蔵庫で冷やすと、パリッとした食感が楽しめます。芯をくり抜いて、水を含ませたペーパータオルなどをつめ、冷蔵庫で保存すると長持ちします。 色の薄い玉レタスは淡色野菜ですが、葉レタスは緑黄色野菜 に分類され、カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄などを豊富に含んでいます。カリウムはナトリウムの排泄を促して血圧を安定させ、ビタミンEは酸化予防、カルシウムは骨粗しょう症予防、鉄は貧血予防などによいと言われます。  茎や葉に利尿作用があると言われ欧米では濃縮した汁が、リウマチや痛風によいとされます。

その他 食品 栄養/食べ物 効能