食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

さば

秋がとくに脂がのっている
日本でよく食べられているのは真さば、ごまさばです。最近では、とれた海域のブランド名がついているものもあります。 鯖という漢字の通り、背中の部分が青く、複雑な斑文があります。  
「さばの生き腐れ」と言われるようにいたみやすい魚です。さばの身に、自身を消化する分解酵素があるのと、水分が多いためと考えられています。  できるだけ新鮮なものを選びましょう。切り身なら皮が張っているもの、丸ごとだったら腹の張りや白目の状態を確認しましょう。
青魚のなかでも脂肪が多く、EPA、DHAの宝庫となっています。ビタミン、ミネラルもバランスよく含まれていて、疲労回復や代謝を促すビタミンB群が多くなっています。ビタミンD、ナイアシンなども含まれます。
身の血合い(調理すると黒くなる部分)には、鉄分が多く含まれているので残さないようにしましょう。

その他 食品 栄養/食べ物 効能