食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

さんま

秋の味覚と呼ばれるが春先にもとれる
春から夏にかけて太平洋を北紀伊半島沖でとれるものを上りさんま、秋になって北海道から南下するものを下りさんまと呼びます。 一般には秋の下りさんまに脂がのっているので、旬は秋とされます。  
冷凍技術が進歩したので1年中出回っていますが、9〜10月頃がもっとも脂がのっています。 身がしまり、ツヤがよく、目の部分がきれいで、ヒレがピンとしているものを選びましょう。
良質のたんばく源となります。とくに下りさんまは脂質がたっぷりで、EPA、DHAを多く含んでいます。動脈硬化を予防して、心筋梗そく塞や脳梗塞を防ぐと言われます。 カルシウム、ビタミンDが多いため、骨粗しょう症の予防にも適しています。疲労回復に作用するタウリンも含んでいます 内臓は苦味があるので食べない人も多いようですが、ビタミンAが多く含まれています。

その他 食品 栄養/食べ物 効能