食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

しめじ

本来の名前はぶなしめじ
昔からよく言われる「香りまったけ、味しめじ」 のしめじは、ほんしめじのことです。  ほんしめじは天然物が少なく、一般に流通されているのは栽培されたぶなしめじです。現在はきちんと表示されていますが、かつてはこれがほんしめじとして売られていました。  
カサが小さく、色の濃いものを選びましょう。表面がヌルヌルしているものは、鮮度が落ちているので、避けたほうが無難です。 たんぱく質を3%ほど含み、菜に比べると多くなっています。ほかに、エネルギー代謝に必要なナイアシンや、脂肪の代謝にかかわるパントテン酸も含みます。  
疲労回復によいビタミンB2皮膚をととのえるビタミンB2,血圧を安定させるカリウムなども、比較的多く含まれています。食物繊維が豊富で、便秘の予防や改善によいと言われます。動物実験によると、がんの予防作用も報告されているそうです。

その他 食品 栄養/食べ物 効能