食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

しそ

葉や実が香辛料として利用されている
葉や実を薬味として利用します。葉は青じそと赤じそがあり、青じそは大葉とも呼ばれます。 青じそは一年中流通していますが、赤じそは6〜7月に梅干し用として流通する程度です。
色が濃く、みずみずしいものを選びましょう。鮮度が落ちると香りが少なくなります。日持ちはあまりしないので、早めに使い切りましょう。  どちらも、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富ですが、一度にたくさん食べるものではないので、栄養素の摂取という面では、あまり向いていません。
赤じそにはアントシアニンが含まれています。 色が鮮やかなので、彩りとして料理に添えたり、独特の香りには食欲をそそる作用があります。強い殺菌力もあるので、刺身に添えると食中毒の予防に役立ちます。民間療法では、食中毒の予防、解熱、せきや痛みを鎮めるなどの目的で使用されているそうです。

その他 食品 栄養/食べ物 効能