食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

すずき

白身魚なのに脂肪がのっているものもある
出世魚で、せいご、ふっこ、すずき、大太郎(すずきより大きいもの)と、成長とともに名前が変わります。秋から冬にかけて日本各地の沿岸で産卵し、春から夏にかけて淡水が注ぐ海域に移動します。  自身のあっさりした味わいが特徴です。国内では、おいしいすずきをとるのは難しいと言われ、天然ものは一般にはほとんど流通していません。  卵を持っている冬場は、味はあまり期待できないと言われます。 脂質やたんぱく質は、それほど多くありません。ただ、なかには脂がのっているものもあります。
ビタミンAは魚のなかでは豊富に含まれます。ビタミンAには、免疫力を高める、肌を健康に保つなどの作用があります。  カルシウム、リンとともにビタミンDもいっしょにとれるので、骨や歯を丈夫にするとも言われます。血圧を安定させるカリウムも多くなっています。

その他 食品 栄養/食べ物 効能