食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

春菊

カロテンの含有量はほうれん草以上
鍋物は欠かせない、独特の徴の緑黄色野菜です。 葉に切れ込みが少ない大葉、切れ込みが中くらいで香りが強い中葉、切れ込みが多く香りも強い小葉があります。
現在流通しているのは、中葉が中心となっています。 形が菊の柴に似ているので、菊菜とも呼ばれています。  香りが強いので、下ゆでしてから使ったほうがよいとされています。下ゆでするときには、火を適しすぎないよ うに気をつけましょう。。鏑に入れる場合は、そのまま使っても大丈夫です。
生で食べることはあまりないので、量をたくさん食べられます。  葉の緑色が濃く菓先がピンとしているもの、茎は短く細いもので、葉が下のほうから密集したものを選びましょう。葉が黄色くなっているものは避けたほうが無難です。しめらせた新聞紙に包み、冷暗所もしくは冷蔵庫で保存します。長期保存する場合は、下ゆでして 冷凍保存しましょう。春菊に含まれる ビタミンCは失われやすいので、できるだけ早めに使い切ります。 カロテンの含有量は1000g中4500μgとほうれん草より多くなっています。
脂質や炭水化物、たんぱく質の代謝をスムーズにするビタミンB群のほか、免疫力を高めるビタミンC、血圧を安定させるカリウム、骨や歯を丈夫にするカルシウムやビタミンK、強い抗酸化作用のあるビタミンD、貧血を予防する鉄や葉酸、食物繊維など、多種類の栄養素を多く含んでいます。
 骨租しょう症の予防や改善するために、積極的にとりたい野菜と言っていいでしょう。  食物繊維は、100g中に3.2gと、かなり多めです。

その他 食品 栄養/食べ物 効能