食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

玉ねぎ

血液サラサラ効果で知られる
一年を通じて出回っているものは、黄玉ねぎという品種で、辛味が強く、長期保存できます。初夏の新玉ねぎは水分が多くてやわらかく、甘味が強くなっています。新玉ねぎや紫玉ねぎは、甘味が強いので生食用として利用されます。  生で食べる場合は、サラダや添え物に使います。水に数分さらすと辛味やにおいが和らぎます。  じっくりと熱を適すと甘味が出るので、料理の味に奥行きが出ます。
そのため、炒め物、煮込み料理、煮物、揚げ物、みそ汁の具、ハンバーグやコロッケの具など、幅広い料理で利用されます。  黄玉ねぎは、皮が乾いていて透明感とツヤがあり、持って重いものを選びましょう。 湿気に弱いので、風通しのよい冷暗所で保存しましょう。ネットやかごに入れてつるし、風通しのよい場所に置いておくと長持ちします。新玉ねぎや紫玉ねぎは水分が多いので腐りやすく、長期保存には向きません。  野菜のなかではエネルギーが多く含まれています。
ビタミン やミネラル、食物繊維は少ないのですが、「玉ねぎを食べていれば病気知らず」という説が出るくらい健康によい野菜と言われています。  これは、玉ねぎに含まれる硫化アリルのおかげです。  生の玉ねぎを切ったときに涙が出るのは、辛味成分である硫化アリルが目の粘膜を刺激するためです。
硫化アリルは、血液をかたまりにくくして血栓をできにくくしたり、血液 中のLDLコレステロール(悪玉コレステロールを減らしてHDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす働きがあるので、動脈硬化を予防すると考えられています。 ほかに、胃潰よ、つ瘍や冒がんの原因となるピロリ菌を殺したり血糖値の上昇を抑制したり、血圧を安定させるといった働きもあります。

その他 食品 栄養/食べ物 効能