食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

冬瓜(とうがん)

収穫時期は夏だが保存がきくことからついた名前
夏野菜の代表です。収穫後、すずしいところに置いておくと翌年の春先まで持ちます。そのため「冬に食べられる瓜」としてこの名前がつきました。果肉はやわらかく、あっさりした味わいです。 丸ごと購入する場合はずっしり重いもの、切ってあるものは切り目がみずみずしいものを選びましょう。  
丸ごとだったら涼しいところに置くと長持ちします。切ったものはラップで包み、冷蔵庫で保存してください。 カリウムとビタミンCがややいだけで、ほとんどを水分が占めています。  
エネルギー量がかなり少ないうえ、たんばくな味で調理しやすく、一度にたくさん食べられるので、ダイエットに適しています。  利尿作用があり、しぼり汁が夏パテや微熱によいと言われています。  漢方では、乾燥した種が、せきを鎮める、たんを切る、利尿作用があるとして利用されています。

その他 食品 栄養/食べ物 効能