食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

豆苗(とうみょう)

東えんどう豆の若芽をつみとった中国野菜
トウミャオとも呼びます。中国野菜のひとつで、えんどう豆の若芽です。芽が大きくて茎がやわらかい、豆酋専用の品種があります。 少し苦味があり、独特のにおいが特徴です。大きくなりすぎるとかたくなります。購入するときには、葉の大きさが3cm以下のものを目安とするとよいでしょう。
妙め物、お浸し、スープなどに使われます。やわらかいので、火をあまり通す必要がありません。 カロテンが多く、ほうれん草の約1・2倍となっています。 葉酸以外のビタミンは、ほうれん草よりも多く、栄養バランスがよいです。  マメ科の野菜なので、たんぱく質や炭水化物を比較的多く含みます。  
油妙めにすることが多いのですが、カロテンが体内で変化してできるビタミンAは、油との相性がよい脂溶性ビタミンです。炒め物だと、効率よくビタミンAを吸収することができると言えます。

その他 食品 栄養/食べ物 効能